photo
images images images images 本ブログ及び写真のサイトに掲載してある写真については、個人の非営利サイトにおいて無償でご利用頂くことが出来ます。但し、条件が有りますのでコンタクトページからご連絡ください。呉々も無断利用はお控え下さい。
            
Thank you!
Moon Age
fxwill.com

シャスタ・ラッセン その3

もう一つ、シャスタでは、スウエットロッジセレモニーにも参加。

これはネイティブアメリカンに伝わる儀式の一つで、身体、心、魂の浄化と統合の儀式。子宮回帰をも意味するようで、子宮をシンボライズした半円球の仮設テントの中心に焼き石を入れて、スチームサウナ状態にした中で、歌をうたいながら、自分の体、人、自然、地球とつながり合い、そしてそのつながりを癒していく、というもの。


スチュワードスプリングスでも観光客向けに日頃やっているそうだけど、偶然に年に一度のセレモニーがキャンプ場のあるパンサーメドウズで行われていたのでそれに参加。

真っ暗な夜、22時頃、薬草のもみ込まれた仮設テントの中で、水着一枚で入る。参加者は他に30人近くいただろうか。中には僕のような旅行者風の人もいたけど、その多くは毎年訪れる人たち。ネイティブアメリカンは勿論だけど、白人参加者が半数以上を占める。

外も真っ暗なら、テントの中も真っ暗。隣も全く見えない中、焼け石を囲んで座り、ものすごいスチームの中、参加者は語り合ったり、歌をうたう。


1ラウンド20分ぐらいだったかな。多くの人たちはもう1ラウンド行くぞーと盛り上がっていたけど、僕は少し意心地が悪くなって出てきた。

こういう儀式に、観光客が何もわからずにそこにいること、そのことに少し後ろめたさを感じたのと、そしてこの儀式に入り込んでいる白人の人たちの雰囲気への違和感。その違和感を言葉にしようと思うと、色々と語弊が生じたりするし、整理できてないから難しいけど、なんかそういう感じが残ったが事実。


_DSC0175.jpg
(またモスブレーの滝。今みても、あまりシャスタの写真を撮ってない。。)


サウナは薬草たっぷりで、温泉と併せて、体は浄化できた気分。
でも、心と魂はどうだったかな。純粋に物事を受け止められないひねくれた心と魂は、1回のセレモニーではなかなか浄化できないのは当たり前か。

いくつかのスピリッチュアルポイントを前にしたり、こういうセレモニーに参加したりしても、なかなかオープンな気持ちになれない僕みたいな奴には、まだシャスタは早かったのかもしれない、そう思いながら、シャスタを後にした。


その4へ

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

シャスタ・ラッセン その2

シャスタはスピリチュアル系の方で名前を聞いたことがあったし、温泉もある、シャスタ山も富士山に似た雰囲気がある、ということで一度行ってみたい場所だと思っていた。

「幻のガイド」さんから沢山の情報を仕入れて、それをもとに写真撮影+少し観光する予定だったけど、行ってみたら生憎のスモーキー空のため写真は殆ど撮れず。まあ、そもそも雪のないシャスタ山はあまり綺麗でないので、この時期に来て良い写真をと思うのが無理なのだけど。


ということで、シャスタ山の麓にあるパンサーメドウズ(Panther Meadows)キャンプ場で2泊した間、スピリチュアルスポットと言われるところをいくつかまわった。(因にパンサーメドウズのキャンプ場は無料。水場はないけど、トイレは有。)


訪れたのは、パンサーメドウズ、スチュワート・ミネラル・スプリングス(Stewart Mineral Springs)、キャッスルレイク(Castle Lake)、バーニー滝(Burney Falls)。それとそういうスポットかどうかはわからないけど、モスブレー滝(Mosbrae Falls)。

_DSC0188.jpg
(モスブレーの滝)


僕はそういうのに全く鈍感なので何がどうなった云々はないけれど、でもどこも静かで、そして癒し効果抜群。特にキャッスルレイクは岩山の麓に木々に囲まれて存在してて、あー、なんかゆっくりしたいなあと思わせるところ。結局、朝と夕方に行って、湖の周りをぶらっとしたり、湖畔でぼーっとしたり。ゆったりとした時間を過ごすことができた。


_DSC0148.jpg
(キャッスルレイクは緑沢山。でもスモーキー。。。)



それとスチュワート・ミネラル・スプリングスの温泉!
個室の温泉(1時間15分利用可)の他、サウナや日光浴できる簡易ベッドもあって、雰囲気もいい。これだったら、入浴料25ドルも高くない。サウナの後に小川にどぼん、というのも良いよと従業員の人に勧められ、やってみたら気持ちいいし。ここでは本当、リラックスできる。


ふと、何年ぶりの温泉だろうと考えてみた。うーん、いつだろ前回入ったのは。思い出せない。
少なくともバングラデシュから日本に一時帰国した時に、岡山の温泉に行ったのは覚えているけど、それが最後だとしたら、もう4年近く温泉に入っていなかったことになるのかなあ。

そもそも湯船に浸かるのも何年ぶりか。。。やっぱりいいな、湯船は。日本に帰ったら温泉にいこう、、銭湯でもいいや、、、。

なんて考えながら、のんびりと温泉を楽しんだ。


その3へ

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27